TOP > ボーターズ特集 > 2馬力船外機燃費性能実験!ホンダ/スズキ/トーハツNo.1はどれだ?
2馬力船外機燃費性能実験!ホンダ/スズキ/トーハツNo.1はどれだ?

こんにちは、Rプロジェクトのミツです。

1年半程前になりますが、2馬力船外機のスピード性能実験を行ったところ大好評だったので2馬力船外機性能実験のパート2を行います。

2馬力船外スピード性能実験!ホンダ/スズキ/トーハツNo.1はどれだ?
前回のスピード性能実験 を未読の方はこちらからご覧頂けます。

私の考えですが、スピードの次に気になることといえば、「燃費」ではないでしょうか。

そこで、今回もホンダ、スズキ、トーハツの3モデルで燃費性能の実験を行いました。

本題に戻りまして、本来燃費の比較を行うには、エンジン回転数やプロペラピッチが同じ条件でなければ、正しい比較とはなりえませんが、同条件にすることが難しい部分もありますので、あくまで各船外機の標準性能で実験を行いました。

その為、比較という見方よりも、各船外機の標準性能でどれくらいの時間で各々ガス欠によるエンスト(航続時間)するのかという見方をして下さい。

また、今回の航続時間を基に、理論上の航続距離も計算してみましたので、合わせてご覧下さい。


さて、実験する前に各メーカーの担当者に燃費について、少し話しを伺ってみたところ、ホンダとトーハツは、メーカー資料として燃料消費量(L/hr)が公開されているとのことでしたので、スペックと合わせてご紹介します。

■燃料消費量
ホンダ スズキ トーハツ
0.9L/hr データなし 1.0L/hr
※天候などのコンディションが最良で、最大出力発生時の参考数値とのことです。
■検証モデルスペック
2018年10月現在

ホンダ [BF2DH] スズキ [DF2] トーハツ [MFS2B]
燃焼方式 4ストローク 4ストローク 4ストローク
冷却方式 空冷 水冷 水冷
燃料タンク 1.1L 0.9L 1.0L
重量 [トランサムS] 13.6kg 14.0kg 18.4kg
排気量 57cc 68cc 85.5cc
実験時エンジン回転数 5,880rpm 6,130rpm 4,680rpm
ギヤ比 2.42 2.15 2.15
プロペラピッチ 12cm 13.5cm 17.8cm
メーカー希望小売価格(税別) [トランサムS] ¥122,000 ¥108,000 ¥108,000

このデータから、今回の実験ではどのような結果になるか・・・楽しみですね!

それでは、早速実験していきましょう。
まずは、実験方法をご説明します。

  • 船外機のガソリンタンクを空にする為、ガス欠でエンストするまで船外機を回す。
  • タンクが空になったら、計量カップにて500mlのガソリンを給油。
  • エンジン始動。
  • 始動後は、フルスロットルで固定して、ガス欠でエンストするまで計測します。

では、実験の模様をご覧下さい。

実験結果
ホンダ スズキ トーハツ
燃料500ml時 航続時間 29分18秒 28分18秒 31分15秒
航続距離 約8.5km 約10.9km 約12.1km
上記データを基に計算すると…
燃料満タン時 タンク容量 1.1L 0.9L 1.0L
航続時間 58分36秒 56分36秒 62分30秒
航続距離 約17.0km 約21.8km 約24.2km
※航続距離は、今回実験時に計測した平均エンジン回転数と航続時間から理論値を算出しております。
また、スピード性能実験時の速度結果では【10km/h前後】でした。実際に走行したスピード性能実験からだと航続距離は10km前後となりますので、今回算出した理論値はあくまで参考程度にとどめておいて下さい。
航続距離の求め方

エンジン回転数÷ギア比=プロペラ回転数

プロペラ回転数×プロペラピッチ=1分間の航続距離

1分間の航続距離×各使用燃料時の航続時間=各使用燃料時の航続距離

予想通り!? 予想外!?

それぞれ想うことはあるかと思いますが、2馬力船外機を燃料満タンでフルスロットルの状態だと、
航続時間は 60分前後

私的には、メーカーデータもあるように予想通りの結果でした。

但し、今回の実験方法はほとんど負荷がない状態でしたので、実際にボートに搭載して走行した場合、気象状況や船体とのマッチングなど負荷のかかり具合が異なるため、今回の数値とは異なります。
あくまで参考程度にとどめておいて下さい。

以上で調査終了です!

それでは、また次回お楽しみに!


[ボーターズ Rプロジェクトチーム]
※身近な興味を研究調査する、それがRプロジェクト
2018年10月 Rプロジェクトメンバー:太田 充則