2馬力船外機スピード性能実験!ホンダ/スズキ/トーハツ速いのはどれだ!!

はじめまして、「プロジェクトR」のミツです。

2016年の2馬力船外機は、
ホンダとヤマハの2モデルでマイナーチェンジがあり、
最近また注目されています。

そんな2馬力船外機で
私が気になることの1つが、
「スピード」です。

そこで今回、2馬力船外機のスピードについて調べてみました。

それでは、早速調査開始!
考え中     調査中


ひらめいた

突然ですが、皆さんに質問です。
船外機の速度はどのように求めるでしょうか?



答えは
速度=プロペラピッチ×プロペラ回転数
この答えを解説しますと、

プロペラピッチとは、プロペラ1回転で進行する距離のこと。”inch”で表示されるのが一般的です。
プロペラ回転数は、1分間あたりの回転数です。”rpm”で表示されるのが一般的です。
この2つを掛け合わせるだけで、
理論上ですが、船外機の速度【分速/距離(inch)】が出せちゃいます!

ちなみに、プロペラ回転数は、エンジン回転数とギヤ(減速)比によって表します。
ギヤ比とは、プロペラを1回転させるためにエンジンを何回転させるかという数値です。

例えば、ギヤ比が2.00であれば、エンジンを2回転させるとプロペラが1回転するということです。

それを踏まえ時速の計算式がこちら▼
STEP1 プロペラピッチ(inch)×2.54=プロペラ1回転で進行する距離(cm)【A】
STEP2 エンジン回転数(rpm)÷ギヤ比×60(分)=1時間のプロペラ回転数【B】
STEP3 【A】×【B】÷100,000(km換算)=理論上における時速(km/h)

では、実際に国内主要メーカーの2馬力船外機の最高速を
理論上の計算式から求めたところ

結果がこちら▼
メーカーエンジン最高回転数(rpm)ギヤ比プロペラピッチ(cm)時速(km/h)
ホンダ BF2
6,000
2.42
12
17.85
スズキ DF2
5,500
2.15
13.5
20.72
トーハツ MFS2B
5,500
2.15
17.8
27.32
ヤマハ F2B
5,500
2.08
12.7
20.15
(※エンジン回転数はメーカー推奨の最高回転数、プロペラは標準装備品です。)

トーハツ MFS2Bが圧倒!!!なんと、ホンダ BF2とは10km/h差

しかも、排気量も比べてみるとトーハツ MFS2Bが85.5ccに対して、
ヤマハ F2Bは、72.0cc
スズキ DF2は、68.0cc
ホンダ BF2は、57.2cc

と、排気量でも他3メーカーを圧倒!!!

IMG_6195さて、この結果を引っ提げて
Rプロジェクトチームが実際に
試走してきました!
IMG_6196ただ、残念ながら今回ヤマハ F2Bが用意できませんでしたので、 ホンダ BF2、スズキ DF2、トーハツ MFS2Bのみとなります。

それでは、ご覧下さい。


・・・全然話しと違うじゃないか、と思いましたよね。

正直、私もこの結果にびっくりしています。

ですが、これが今回の結果です。

ただ、忘れないで頂きたいのが、
前述の最高速の計算は、理論上における数値です。

動画のように、
実際には、ボートまた人や荷物を載せた重量、船底の形状、波、風などの抵抗がかかるので、
一概には言えませんが、

2馬力船外機の最高速は

10km/h前後

が平均となります。
あくまで参考程度にとどめておいてくださいね。

以上で調査終了!!

調査は終了しましたが、もう少しお付き合いを

今回はスピードに着目しましたが
2馬力船外機を選ぶポイントは、運搬、操作性、燃費、音、メンテナンスなど
他にも多くのことが挙げられます。

ちなみに、今回試乗してみて、
私が3メーカーの2馬力船外機を選ぶとしたら
スズキ DF2です!!!

理由としては、
使用後のフラッシングの手間は、ホンダ BF2よりも大変ですが、
ホンダBF2に比べて、低速時の操作性やエンジン音の静けさは、スズキ DF2とトーハツ MFS2Bが上回っており
重量はトーハツ MFS2Bに対して4kgも軽い
というところです。

あくまで私の好みですので、ご参考までに!

それでは、また次回お楽しみに!


<ボーターズ Rプロジェクトチーム>
※身近な興味を研究調査する、それがRプロジェクト