2018年モデル SEA-DOO全ラインナップ
9月にアメリカで発表されたSEA-DOOの2018NEWモデル!!
ほとんどのモデルがフルモデルチェンジということで、大変注目を集めています。
ではどこが変わったのか?! どんな機能を搭載しているのか?? 気になりますよね。
アメリカのホームページでは詳細が発表になっているようですが、英語表記の為ちょっと分かりづらい・・・
ということで、私たちRプロジェクトが独自に徹底解析を行いました!
この記事を見たらすべて分かります!
(2017/10/23 作成)

2018年モデル 大きな4つの変更ポイント

デッキ/シート
  • プラットフォームデッキ
プラットフォームデッキ

業界初となる取り外せるシートを採用。

後部のシートを取り外せば“1人乗り”になり、広いデッキが出現。

シートをずらして向かい合わせに座れば、水上で休憩しながらピクニックを楽しむことも可能。

水上バイクの使い方、遊び方が無限大に広がる新機能です。

採用モデル
GTX-LTD300 / RXT-X300 / GTX155 / WAKE-PRO230
  • リンクシステム
リンクシステム

クイックアタッチリンクシステムにより、専用のスキーパイロン(ウェイクポール)や、クーラーボックスなどが簡単に着脱が可能になりました。

採用モデル
GTX-LTD300 / RXT-X300 / GTX155 / WAKE-PRO230
オーディオ
  • Bluetoothオーディオシステム
Bluetoothオーディオシステム

防水オーディオシステムが付属(またはオプション)となります。

100W(左右50+50W)のシステムパワー、Bluetooth接続、及び外部の再生コントローラーを備え、常にデッキ上で音楽を楽しむことが出来ます。

採用モデル
GTX-LTD300 / RXT-X300 / GTX155 / WAKE-PRO230
フロントボックス
  • ダイレクトアクセス フロントボックス
ダイレクトアクセス フロントストレージ

業界初の”ダイレクトアクセスフロントストレージ”を搭載しています。

ハンドルバーを上げるだけ、座ったままで開けることが出来る画期的なフロントボックスが誕生しました。

採用モデル
GTX-LTD300 / RXT-X300 / GTX155 / WAKE-PRO230
ハル(船底)
  • 2018年モデルのハル形状
ハルの形状

低重心の新形状ハルST3を開発。

スピードを出して走らせても、停止した状態でも、船体の横から乗り込んでも、抜群の安定性を発揮します。

採用モデル
GTX-LTD300 / RXT-X300 / GTX155 / WAKE-PRO230
2018年モデル 全ラインナップ
※日本発売モデルは未発表のため暫定となります。
※クリックすると各モデルの詳細ページへ移動し、そのモデルの変更点が確認できます!

GTX LTD300
GTX LIMITED300
変更点:デッキ・スピーカー・フロントボックス・ハル・カラー
RXT X300
RXT X300
変更点:デッキ、スピーカー、フロントボックス、ハル、カラー
RXP X300RS
RXP X300
変更点:ハル、ハンドル、カラー
WAKE PRO230
WAKE PRO230
変更点:デッキ、スピーカー、フロントボックス、ハル、カラー
WAKE 155
WAKE 155
変更点:ハル素材、カラー
GTX 155
GTX 155
変更点:デッキ、スピーカー、フロントボックス、ハル、カラー
GTR 230
GTR 230
[継続モデル] *変更なし
GTR 230X
GTR 230X
[継続モデル] *変更なし
GTI SE130
GTI SE130
[NEWラインナップ]
TRIXX 3UP
TRIXX 3UP
[NEWラインナップ]
TRIXX 2UP
TRIXX 2UP
変更点:カラー追加