タグ&リリースでシーバス釣り 【サバロカップ】参加者募集中!(4/14)

2019年03月04日 (月) 13:30

ボートからシーバスを狙い、釣り上げた最大魚の大きさを競う大会 『サバロカップ』 がただ今参加者募集中です。
この大会は、釣魚保全とゲームフィッシング普及啓発を目的として「タグ・アンド・リリース」方式で行われます。 ゲームフィッシングをやってみたい方ならどなたでも参加OK!ボートを持っていない場合も、初めて個人で参加される方は、JGFA会員が同乗するチャーター船に乗り合い価格で乗船することができます。


第23回サバロカップ

~~ 第23回 サバロカップ ~~

  • 開催日:
    2019年4月14日(日)
  • 集合場所:
    横浜 新山下埠頭 「ザ・ウエアハウス横浜」(元タイクーン)店内
  • 定員:
    100名
  • 参加資格:
    ゲームフィッシングをやってみたい人ならどなたでも
    (18才未満は保護者同伴、または要承諾)
  • ボート手配:
    各自で手配、またはチャーター
  • 参加費:
    一人3,800円(高校生以下1人1,500円)
  • 対象魚種:
    スズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキ
  • 申込締切り:
    4月5日(金)

「キャッチ・アンド・リリース」という言葉はよく耳にしますが、「タグ・アンド・リリース」とは…?
JGFAによると、釣った魚に標識(タグ)を打って放流することで、タグの付いた魚が再び捕獲された時に移動や分布・成長といったデータを得ることが出来、 こうしたデータの蓄積が資源の保全につながるそうです。
JGFAでは1985年に独自のプログラムを立ち上げて活動しており、中でもスズキは「118,687尾リリース・1,336尾再捕」という大きな実績を上げているそうです。 以下のページで詳しく解説されています。

 

『サバロカップ』 に参加してJGFAの活動に賛同し、入会をされる場合は※入会金が無料になるという特典もあります。
いつまでも釣りが楽しめるように、タグ・アンド・リリース活動が広く普及するといいですね。

情報元:JGFA(NPO法人ジャパンゲームフィッシング協会)

(編集部:長江)


ボーターズの読者になる