【運輸安全委員会】『船舶事故ハザードマップ』を活用して安全航行

2018年02月12日 (月) 07:00
カテゴリー

 船舶事故を防ぐ為、発航前に様々な準備があると思いますが、航行する海域が抱える危険性についてはチェックされていますか?

 国土交通省運輸安全委員会では、船舶事故情報などを検索して航行予定海域のリスクを確認したり、事故多発海域等の情報を基に事故防止対策の資料として利用して頂くために、発生場所を地図に重ね合わせてビジュアルに示した『船舶事故ハザードマップ』をインターネットサービスとして提供しています。PCだけでなくモバイル用のサービスも用意されていますよ。

 全国の事故情報を確認する事ができ、事故発生箇所には下記のマークが表示されます。地図上に表示されるので、注意しなければならないポイントがとても分かり易いですね。詳しい使い方については「船舶事故ハザードマップ取扱説明書」をご覧下さい。

 また、ハザードマップについては、各海上保安管区で提供している情報もあります。携帯に便利な印刷用の資料を公開しているところもありますので海の安全情報も併せて確認してみて下さいね。

情報元:運輸安全委員会

情報元:海の安全情報

(編集部:新海)


ボーターズの読者になる