【ユニマットプレシャス】豪ボートビルダー「RIVIERA(リビエラ)」の取扱開始

2018年01月09日 (火) 07:00
カテゴリー

 平成30年1月現在、民間企業としては日本最大の関東・中部・四国に8か所のマリーナでの運営及び国内外のヨット・ボートの販売、修理、マリン用品の販売を行っている株式会社 ユニマットプレシャス マリン事業部から以下のような発表がありました。

 株式会社ユニマットプレシャス マリン事業部では、マリーナ運営・プレジャーボートや用品の販売などを行っております。かねてよりサンシーカー(英)やフェアライン(英)といった海外有名ボートビルダーの輸入及び販売を取り扱っておりますが、2018年1月、新たにオーストラリア最大のボートビルダー「RIVIERA(リビエラ)」と提携し、日本総輸入販売元「リビエラジャパン」として活動することとなりました。同年2月頃には国内1号艇となる「RIVIERA 43 オープンフライブリッジ」が入荷され、3月8日~11日、横浜ベイサイドマリーナ開催(パシフィコ横浜同時開催)のジャパンインターナショナルボートショー2018にてお披露目する予定です。
 ボートショーでの内覧をご予約の際は、下記問合せ先までご連絡願います。

<RIVIERAに関して>
 「RIVIERA」は、1980年オーストラリアで誕生したボートビルダーで、およそ40年の歴史の中で急成長を遂げました。顧客からの信頼が厚く、質の高いボートを建造し続け、新モデルを発表するごとに数々の賞を受賞しています。2012年には生産隻数が累計5,000隻に達しました。その大半を欧米など世界のユーザーへ提供しており、世界のマリンレジャー発展に一役買っていると言えるでしょう。
 現在の生産ラインナップは、大きく分けて4タイプ。コンバーチブルタイプの「フライブリッジ」シリーズ、ラグジュアリータイプの「スポーツモーターヨット」シリーズ、クーペタイプの「スポーツヨット」シリーズ、マルチタイプの「SUV」シリーズです。加えて、クラシックさは残しつつアレンジの施された別ブランド「Belize(ベリーズ)」も展開しています。

<WEBページ>
 ・リビエラジャパン特設サイト:www.riviera-japan.com(1/5より)
 ・ボートショー2018特設サイト:www.marine-jbia.or.jp/boatshow2018/

<ユニマットプレシャス マリン事業部概要>
 平成30年1月現在、民間企業としては日本最大の関東・中部・四国に8か所のマリーナでの運営及び国内外のヨット・ボートの販売、修理、マリン用品の販売を行っている。
 運営マリーナ及び提携マリーナとマリーナネットワークを展開し、他にはない艇置オーナー向けサービスが好評。

~運営マリーナ~
 ・シティマリーナヴェラシス(神奈川県)
 ・佐島マリーナ(神奈川県)
 ・マリーナ真鶴(神奈川県)
 ・三河みとマリーナ(愛知県)
 ・マリーナ東海(愛知県)
 ・鳥羽マリーナ(三重県)
 ・仁尾マリーナ(香川県)
 ・新居浜マリーナ(愛媛県)

情報元:プレスリリース/ニュースリリース配信サービス【@Press:アットプレス】|

(編集部:小柳)


ボーターズの読者になる