TOP > ボーターズ特集 > 特集! ジャパンインターナショナルボートショー2019

特集! ジャパンインターナショナルボートショー2019 特集! ジャパンインターナショナルボートショー2019

ボーターズ 出展ブース
2019年3月7日(木)~10日(日)の4日間、今年もパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナの2会場でジャパン・インターナショナル・ボートショーが開催されました。開催期間中は、初日こそ雨でしたが、2日目以降の3日間は好天に恵まれました。来場者数は2会場の総数で55,243人、対昨年比103.4%と盛況でした。例年は最終日の日曜日が一番多いのですが、今年は土曜日が最も多く、逆に日曜日は例年と比較しても少ない来場者数となりました。天気もさほど悪くなかったので、どうしてか気になるところです。

出展社数は昨年の222社から8社増えて230社でした。会場に立った感じでも少し多くなったような感覚はありました。そして昨年のボートショーでも感じたことですが、各方面から様々なゲストを招いて催されたメインステージの多彩なイベントはとっても充実していました。フラダンスショー、水着コレクション、釣りガール総選挙もボートショーに相応しい彩りを演出してくれました。そしてセーリングビレッジ、マリンキッズビレッジ、ジェットビレッジ、海ゼミも賑わっていました。特に海ゼミはボートショーコンテンツとして有用で、今後もっと力を入れてもらいたいと感じました。これらのイベントは、事前にチェックしてから会場に足を運ぶことを強くお勧めしますね。

昨年に続いて、今年もボーターズはブース出展し、ボート販売店向けに特化した3つのサービスを紹介しました。①ボート販売店向け販売管理ASP B-BASS、②はじめてのホームページ制作、③中古艇マッチングサイト ボートセンサーです。このボートショーでは大きな手応えを感じるまでには至りませんでしたが、素晴らしいサービスを作っている自負はありますので、焦らず丁寧に紹介していきたいと思います。そして2014年から始めて、今年で6回目になる取材も行いました。『ボートショーを記録に残すフォトアルバム』と『注目ボートの紹介ムービーの制作』です。こちらに紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

来年はいよいよオリンピックイヤーです。日本中が盛り上がる2020年も同じパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナの2会場で3月5日(木)~8日(日)の4日間の日程で開催される予定です。