TOP > ボーターズ特集 > SEA-DOO 2019年モデル 全ラインナップを徹底解説 > SEA-DOO 2019モデル徹底解剖 [RXP-X300RS編]
RXP-X300RS
RXP-X300RS

鋭い切れ味を持つRXP-X専用【T3ハル】やスポーティーなハンドルバーはそのままに新登場【7.5インチワイドデジタルディスプレイ】を標準装備。
さらにライティング環境にこだわった1台へと進化しています。
2018年2カラー展開だったのを一新し、新色【ラヴァレッド】が登場!

幅狭シートは自然とライディングポジションになるよう設計

幅が狭いシートは自然とライディングポジションになるよう設計され、後部シートの間に段差付けることにより安定性を確保しています。

7.5インチワイドデジタルディスプレイを標準装備

視認性に優れた7.5インチの大画面ワイドデジタルディスプレイ。
自動調光バックライトを備え、ライディング時の視認性を確保しています。

RACING HANDLEBAR WITH ADJUSTABLE RISER


最大3インチ(73mm)まで上下に調整ができるテレスコピックステアリングシステム。 ライダーがその日の状態や条件に合わせて、いつでも調節が可能。

STAY GLUED TO THE WATER T3 HULL


Sea-Doo X-Teamレーサーもお気に入りである深いV字型の“T3ハル”は、抜群の切れ味を誇り、シャープなターンと精密なハンドリングコントロールを可能にします。


コーナリングの安定性を向上させるスポンソン

ADJUSTABLE X SPONSONS


コーナリングの安定性を向上させる効率的な設計のスポンソン。 スキルレベルとライディング環境に基づいて3ポジションの調整が可能です。

ハンドルバーにあるスイッチでノズルの向きを調節

HIGH PERFORMANCE VARIABLE TRIM SYSTEM


乗り手の好みや、水の状態、乗客数に基づいて細かく調整できるVariable Trim System(VTS)がさらに進化。 停止状態から発進する際にはフロントが上がらないよう後方のノズルの向きが下がり、一定の速度に達すると自動的に元に戻ります。 また、ハンドルバーにあるスイッチでライダー自身での調節も可能。


iBR(Intelligent Brake and Reverse)システムで安定した操縦を実現
INTELLIGENT BRAKE AND REVERSE (iBR)
2009年に開発されてから、現在第3世代目となるSea-Doo独自のiBR(Intelligent Brake and Reverse)システムを装備。 リバースゲート形状が改善され、通常よりも停止距離が160フィート(48m)* 短くなることが確認されています。 前進/ニュートラル/リバースを選択でき、低速やコーナリングブレーキでも安定した操縦が実現します。
海水や異物がエンジンに侵入するのを防止
CLOSED-LOOP COOLING SYSTEM
SEA-DOOにしかないこの技術により、腐食や損傷の原因となる海水や異物がエンジンに侵入するのを防止してくれます。
SPEC
定員2人
エンジン1630ACE
サイズ331.6cm×122.7cm×114.9cm
乾燥重量384Kg
ストレージ容量116.4L
ハルタイプT3
燃料タンク容量60L
2人乗り
SCエンジン
T3ハル
7.5インチディスプレイ
X-スポンソン

パッケージ
ハンドルグリップ(黒)
ハンドルグリップ(黒)
ハンドルバー
ハンドルバー
7.5インチ デジタルディスプレイ
7.5インチ デジタルディスプレイ

別売りオプションパーツ
LinQ Base
LinQ Base
LinQスキーパイロン
LinQスキーパイロン
ウェイクボードラック
ウェイクボードラック
LinQクーラーボックス
LinQクーラーボックス
LinQ燃料タンク
LinQ燃料タンク
LinQ燃料タンク用収納ボックス
LinQ燃料タンク用収納ボックス
ハンドルグリップ(赤)
ハンドルグリップ(赤)
船体カバー
船体カバー
スナップインフェンダー
スナップインフェンダー
ストレージBOXオーガナイザー
ストレージBOXオーガナイザー
持ち運び用ストレージBOXオーガナイザー
持ち運び用ストレージBOXオーガナイザー
フロアボードウェッジ
フロアボードウェッジ
ニーパッド
ニーパッド
USBポート
USBポート
リボーディングラダー
[NEW]リボーディングラダー