どんだけ違う!カワサキ 800SX-R vs NEW SX-R 徹底比較

2017年大注目のNewモデル『SX-R』が、間もなくKawasakiから発売されます。2011年をもって生産終了したスタンドアップモデル800SX-Rの血統を引き継ぎ、4ストエンジンでさらにパワーアップした待望のNEWスタンドアップモデルです。雑誌などでも特集が組まれるなど、その注目の高さが伺えます。そこで、去る1月28日に愛知県蒲郡市で開催されたNEW SX-Rの試乗会で800SX-RとSX-Rの新旧スタンドアップモデルを徹底比較してみました。

比較1 日産キャラバンに積むとどうなるのか!

まずはシングル艇オーナーには気になる車載実験です。もしNEW SX-Rを購入したら、車載運搬でとお考えのユーザーは多いですよね。今回は日産キャラバンに800SX-RとSX-Rを積み込んで比較しました。
後部座席がそのままの状態ではどちらも後部が飛び出してしまい、適切に運搬することはできそうにありません。積み込んでみるとSX-Rの方がはるかに車体から飛び出している部分が多く、いかに全長が長くなったのかを実感できますね。
800SX-R
800SX-R 車載イメージ2
800SX-R 車載イメージ3
SX-R
SX-R 車載イメージ1
SX-R 車載イメージ2
SX-R 車載イメージ3
 
次に後部座席を折り畳んだ状態で積載してみます。
800SX-R
800SX-R 車載イメージ5
800SX-R 車載イメージ6
800SX-R 車載イメージ7
SX-R
SX-R 車載イメージ5
SX-R 車載イメージ6
SX-R 車載イメージ7
後部座席を畳めば、2機種とも問題なく搭載する事ができました。SX-Rはギリギリでしたけど…。
 

比較2 スタンドアップ初心者鈴木君の試乗レポート

いよいよ試乗です!今回試乗したのは鈴木君!鈴木君はボーターズを運営する株式会社ジェイエスピーのスタッフで、1度だけ800SX-Rに乗った事があるシングルジェット初心者です。ここからは実際に試乗した鈴木君の感想です。
鈴木 伸君 コメント1
【鈴木談】
まず私は普段、PWCの修理・メンテナンスの仕事をしていますが、シングル艇に乗った経験は過去1度しかありません。2年ほど前ですが、Kawasakiの800SX-Rに試乗して見事に海へ投げ飛ばされたことを覚えています。それからシングル艇というのは乗りこなすのが難しい上級者向けの乗り物といった印象を持っていました。

今回、新旧のSX-Rを試乗するにあたって、初心者の自分なりに2つのチェックポイントを考えました。まず一つ目はボートの安定性です。「立った状態でまっすぐ走る」、シングル初心者が最初に突破しなければいけない壁じゃないでしょうか?

二つ目は旋回や加速などの操作性です。立って走ることができるようになったら、次はちょっとでも曲がってみたり、少しアクセルを握ってスピードアップしたり、いろいろ試してみたくなるじゃないですか。初心者なので無理は出来ませんが、軽く飛ばされる程度に頑張ってみました。(笑) では、両モデルを試乗した様子をレポートします。
 
まずは静止安定性のテストです。 800SX-Rと新型SX-Rを海に浮かべた状態でデッキ上に立ち、静止状態での安定性を比較してみます。名づけてカカシテストです 。
初めに800SX-R!800SX-Rは乗り込んだ瞬間、デッキが水中に沈み込むのと同時に船首が上がってしまい、バランスがとりにくく感じました。
次にSX-Rです。SX-Rは従来の800SX-Rに比べ圧倒的に浮力が強い! デッキに海水が流れ込むところはありますが、船体がほぼ水平に保たれているので、バランスは取りやすかったです。 これが走行にどれだけ影響するか分かりませんが、静止安定性は圧倒的にNEW SX-Rの方が高いと言っていいでしょう。
では、いよいよ試乗です。まずは800SX-R
800SX-R 試乗イメージ1
800SX-R 試乗イメージ2
800SX-R 試乗イメージ3
続いて新型SX-R
800SX-R 試乗イメージ1
800SX-R 試乗イメージ2
800SX-R 試乗イメージ3
◆ 乗った感想 (✕△◯の3段評価で)
立ち乗りのしやすさ、安定性
800SX-R・・・△
試乗して数分、感覚さえ掴めば立ち上がることは出来ました! ただ船体が軽い分、波の影響を受けやすい印象です。試乗前のアドバイスで「後ろ加重が安定するよ」という事だったので試してみました。確かに踏ん張りは利き易くなりましたが、デッキ幅の狭さが初心者からすれば少し不安。そしてカカシテストでもそうでしたが、デッキが沈みますね!大袈裟に言えば船首が上がってちょっとウィリーしているような・・。これが普通なのかも知れませんが、初心者にはちょっとバランスはとりにくいかも・・・。
新型SX-R・・・◯
高評価です。安定性という面では初心者の私でも明らかにNEW SX-Rの方が高かったと感じました。 船体が大きいせいか、多少の波ならバランスを崩すことはありませんでした。それに立ち乗り走行時、船首を見ているとまるでランナバウトに乗っているような重量感。直進での波切も良く感じます。 デッキも広くなっているので体重移動しやすくバランスも取りやすかったです。 ただいくら安定性が高いと言っても、立ち乗りモデルでこけないわけがありませんので、転んでうまくなるものと思ってください(笑)。
 
旋回性/加速感
800SX-R・・・◯
試乗コースを回ってみましたが、意外とうまく回れました。曲がりやすいです! やはり800SX-Rは軽い!といった印象です。ハンドルを切って体重移動をするとすぐに船体が傾いて曲がって行きます。800SX-Rは傾くと復原能力が弱いと聞かされていたのでそこはビクビクしていました。うまくバランスを取らないとそのまま転んでしまいます。ただし、コツを掴めば自在に曲がれて楽しいと思います。 加速感は・・、と言ってもアクセルをハーフで握って40キロ前後しか出せませんでした。初心者の壁です。それでもエンジンの瞬発力は十分感じました。
 ベテランライダーさんの力をお借りして、GPS速度計で800SX-Rのトップスピードを計っていただきました。
800SX-Rのトップスピード
時速76.8キロ。私からしたら十分すぎるスピードです。
新型SX-R・・・◯
試乗前、ベテランライダーの方がSX-Rは「よく曲がる!」「すごく速い!」と言っていましたが・・、試乗後、正直800SX-Rとそこまで旋回性については違いを感じる事が出来ませんでした。しかし、シングルジェットに乗り慣れている人達は圧倒的にSX-Rの方がよく曲がる!と言っていました。 ただですね、旋回時のハンドルの切り具合や体重移動でバランスを崩して傾いてもSX-Rは中々転倒しませんでした! 「踏ん張りが利く」と言えばいいのか、ジェットが水平の位置に呼び戻される感覚。この復元力というのは初心者でも実感できるものがありました。 加速ですが・・、SX-Rは速かったです!スロットルをハーフまで上げてみましたが、時速50~60キロは出ていたと思います。 初心者にとっては体がジェットに追い付かず、腕が伸びきってとても恥ずかしい姿勢になってしまい、そのままバランスを崩して落ちました(爆)。
ここでもベテランライダーさんの力をお借りして、GPS速度計で新型SX-Rのトップスピードを計っていただきました。
新型SX-Rのトップスピード
時速94.6キロ。メーカーの方によるとガソリンが少ない時ではさらに3~4キロはスピードが 上がるそうです! これはシングル初心者には自殺行為とも言えるスピード感でしょう!
 
鈴木 伸君 コメント2
【鈴木君の感想まとめ】
両者乗り比べましたが、800SX-RもSX-Rも乗っていて楽しいのは間違いないです。 もし宝くじが当たって買うとしたらどっちかなと考えながら乗っていましたが私はSX-Rですかね! 安定性はもちろんですが、実際に私が初めて乗って、ブイのコースを何周も回れたのはSX-Rだったので。攻めた走りをしなければ、倒れないシングルといった印象です。
また「速くて危険だ!」という意見もありますが、これはランナバウトでも同じ事で慣れるしかないですね! 私もまた乗る機会があれば、もう少し攻めた走りをしてみたいと思います!
シングルジェット鈴木君の感想は、これから初めてシングルジェットに挑戦しようとしている方にとっては、参考になったのではないのでしょうか?
 

比較3 試乗会参加者へのインタビュー

続いては、試乗会に参加されていた方へのインタビューです。今回インタビューした方の中にはJJSFやJJSBAにて活躍されているライダーもみえましたので、レーサー目線での感想が気になりますね・・・。更にカワサキの営業責任者の上田さんにもインタビューをしましたのでどうぞ!
 

比較4 NEW SX-Rは転覆しても自力で起き上がるってホント!?

次に気になる情報として、SX-Rは転覆しても自力で起き上がるという噂が・・・実際に実験しましたので、その模様をどうぞ!
いかがですか?噂通り、裏返ってから数秒で復元します。
メーカーさんに復元の原理を聞くと、船底が深くなったことと、裏返ると100kgのハルが上を向くことでだるまのように重力で転がる仕組みとのことです。ただしハンドルポールを社外品に変更すると浮力が減少して復元しなくなる可能性があるので注意が必要との事でした!
 

比較5 ジェットランチャー比較

船体が大きくなって気になる船体の重量を比較してみます! まずはスロープからの引揚げです。船体が大きくまた重量も増したことで、以前の800SX-Rのように手軽に動かすことが出来るのか実験ですが、その前にランチャーも比べておきましょう!
下の画像が800SX-R用のランチャーとSX-R用のランチャーの画像です。レール幅は変わりませんが、全長はSX-R用が16cm長くなっています。
800SX-R用ランチャー、SX-R用ランチャー イメージ1
800SX-R用ランチャー、SX-R用ランチャー イメージ2
800SX-R用ランチャー、SX-R用ランチャー イメージ3
800SX-R用ランチャー、SX-R用ランチャー イメージ4
それでは引き揚げてみましょう。
ランチャーの差は16センチしか変わらないのに、船の重さは80kgも違う!いつも引き上げていたスロープを利用できるのか…実際にやってみました。
ランチャー(2輪)を持ち上げてみた感じは、大きさも重量も増えましたが、極端に重くなったという印象はありませんでした。ただバランスを取るのが少し難しくなっているので注意は必要です。
ランチャーで持ち上げ イメージ1
ランチャーで持ち上げ イメージ2
結果として揚げるのも降ろすのも重心さえ気を付けながらやれば一人でも問題ありません。(緩やかなスロープ)
 

比較6 人力で持ち上げてみました

800SX-Rの場合二人で持ち上がります。結構重かったですが、 3人いれば簡単に持ち上がります。4人いれば持ち運べます。
800SX-R 船体の重さ
SX-Rの場合3人で持ち上がります。重かったです。 4人で普通に持ち上がりました。6人ぐらいで持ち運べそうです。
SX-R 船体の重さ イメージ1
SX-R 船体の重さ イメージ2
 
 

比較7 メンテナンス性を比較しました

◆バッテリー(赤の斜線部にバッテリーが取付きます)
800SX-Rは純正の場合エアクリーナーのボックスを外さないとバッテリーが取れない構造になっていました。
しかしSX-Rは、「知恵の輪のようだけど何も外さずに取れる」そうです。ダクトやコード類が邪魔という印象はあります。
800SX-R バッテリーが取付場所
800SX-R
SX-R バッテリーが取付場所
SX-R
 
◆エンジン
気になるエンジン開口部ですが800SX-RとSX-Rの大きさに大差はなく、フロント側が広いかリア側が広いかの違いだけでした。
800SX-Rはおなじみの2ストエンジンのため脱着もエンジンの積み降ろしも苦労は少ないと思います。
その一方SX-Rの場合、同じエンジン開口部の広さで4ストのエンジンが積んであります。 予想では、エンジンルームがパンパンでメンテナンス性は皆無だと思っていましたが、実際同じエンジンを積んでいるST-X 15Fよりエンジン開口部が広く、メンテナンスがやりにくいという印象はありませんでした。
800SX-R バッテリーが取付場所
800SX-R
SX-R バッテリーが取付場所
SX-R
 
いかがでしたか?皆さんの気になる所を色々な角度から比較してみましたが、参考になりましたでしょうか?
2ストロークの800SX-Rと4ストロークのSX-R、どちらにも長所と短所が存在しますが、間違いなくSX-Rは初心者でも乗り易く、トップスピードではレーサーまでも唸らせる事ができるマシーンだという事が分かりました。しかし、船体が大きくなった分、持ち運びなどは今までの800SX-Rの様にはいかない事も分かりました。 2017年3月いよいよ新型SX-R発売です!皆さん、お楽しみに!
 
<ボーターズ Rプロジェクトチーム>