【特集】レースダイジェスト ヒート65 JJSF PRO R/A OPEN (R10)

決勝ライダー

    • 三上定裕 6 三上定裕
      マリンメカニック
    • 香川景介 7 香川景介
      ses遊sports
    • 高橋登志朗 9 高橋登志朗
      SWAT Racing factory
    • 22 山形康彦
      ses遊sports
    • 井上雅也 36 井上雅也
      TEAM KEY WEST
    • 新井紀男 38 新井紀男
      De Speed Factory Racing
    • 高橋雄真 56 高橋雄真
      RGT
    • No-Image 69 田中友也
      レーシング スポーツクラブ メイエン
    • 生駒 淳 86 生駒 淳
      マリンメカニック
    • 砂盃 肇 87 砂盃 肇
      ISAHAI Racing

チームHKSの解散により今年は昨年総合優勝の倉橋秀幸選手の名前がリストから消え、2位の砂盃肇選手も砂盃レーシングからのエントリー。マシンの戦闘力ダウンが否めない中での戦いになる。昨年総合3位のゼッケン36番井上雅也選手(TEAM KEY WEST)、昨年最終戦で優勝したゼッケン6番三上定裕選手(マリンメカニック)ら実力者たちの誰が初戦を取ってシリーズに弾みをつけるのか。

R1

ゼッケン6番三上選手が痛恨のフライング。なぜか他選手から傷口に塩を塗るような大ブーイング。三上選手のキャラが気になる…。
仕切り直しの再スタート。アウトコース井上選手が好スタート。インからはゼッケン69番田中友也選手(レーシングスポーツクラブメイエン)がホールショットそして井上選手に続いて2位で最終ブイを回る。3位にゼッケン87番砂盃肇選手、4位にゼッケン86番生駒淳選手(マリンメカニック)が続く。

R2

生駒選手が砂盃選手をかわして3位に浮上。キレキレの走りでかなり調子が良さそう。

R4

選択コースで2位田中選手がイン、3位生駒選手がアウトを選択。勢いに乗る生駒選手が合流で田中選手をパスして2位に浮上。

R5

生駒選手がトップの井上選手を激しく追うも井上選手がトップを死守。

R6

井上選手がトップをキープ。2位は生駒選手。田中選手と砂盃選手がし烈な3位争い。

R8

選択コース、トップ井上選手がアウト、2位生駒選手がインを選択。合流でトップが入れ替わり。攻める生駒選手がついにトップに。井上選手やや疲れがあるのか。

R9

生駒選手が2位井上選手をじりじり引き離す。3番手田中選手、4番手砂盃選手の順位は変わらず。

R10

生駒選手がトップを守って1位でフィニッシュ。2位に井上選手。3位は最終周で田中選手をかわして上がった砂盃選手。生駒選手の嬉しそうなガッツポーズが印象的。
終盤までトップを走った井上選手の状態はかなり良さそう。しかしそれを上回った生駒選手は心技体がかなり充実している印象。最後までし烈な3位争いを繰り広げた砂盃選手と田中選手も次戦が楽しみ。今回はフライングで上位に食い込むことができなかったが三上選手の巻き返しにも期待する。

 

生駒選手、優勝おめでとうございました。

2015JJSF-R1_HEAT65