【特集】レースダイジェスト ヒート60 JJSBA A SKI (R10)

決勝ライダー

    • 國分 将太郎 1 國分将太郎
      TEAM J-BOX
    • 宮本桂一呂 2 宮本桂一呂
      TACCO RACING
    • 田島 直 10 田島 直
      TACCO RACING
    • 山﨑 友裕 13 山﨑友裕
      超!Ponkan Racing 四国八九番所
    • 紺井貴士 18 紺井貴士
      Team RAKISH RACING
    • No-Image 21 渡部滉大
      TEAM J-BOX
    • 伊藤 武徳 22 伊藤武徳
      RACING MOTOINE
    • 小原聡将 32 小原聡将
      レーシングクラブメイエン
    • 永田龍二 46 永田龍二
      Racing Motoine
    • 松浦 章人 51 松浦章人
      KHKレーシング
    • 古澤弘介 58 古澤弘介
      ZERO
    • 中野 宏基 66 中野宏基
      カークラブ
    • 竹田 光雄 75 竹田光雄
      チーム武蔵
    • 岡野 まゆみ 88 岡野まゆみ
      Star ☆ alliance

昨年の総合トップ5がすべて顔を揃えたJJSBA開幕戦の最終レースとなるA SKI決勝。今シーズンを占う意味でも好成績を勝ち獲りたい上位陣。この強力な上位陣を脅かす伏兵は現れるのか。岡野選手はこのA SKIで表彰台に立つことができるのか。若手のホープ國分選手が連覇への狼煙を上げるのか。

R1

インコースゼッケン46番永田龍二選手(TEAM4649)が完璧なスタートでインコースのホールショットを奪う。そのままファーストミッションもトップで通過。続いてアウトスタートゼッケン75番竹田光雄選手(Team武蔵)が2位。3位はインスタートのゼッケン2番宮本桂一呂選手(TACCO RACING)。4位には岡野選手が続く。それにしても永田選手が異常に速い。

R2

上位3選手は変わらず。しかしここでゼッケン51番松浦章人選手(KHKレーシング)が4番手に浮上。岡野選手が5位に後退。

R3

上位2選手は変わらず。4位の松浦選手が3位の宮本選手を捕らえて3位に浮上。以下、宮本、岡野、そしてゼッケン32番小原聡将(UNLIMITED RACING)が6位まで順位を上げてきた。

R4

選択コースでトップの永田選手がアウト、2位の竹田選手がインを選択。3位の松浦選手はアウト。合流で2位竹田選手がついに永田選手を捕らえる。竹田、永田、松浦、宮本、小原、岡野の順番。そして7位にゼッケン1番國分将太郎(TEAM J-BOX)が登場。

R5

前半のスラロームで3位の松浦選手がまさかの転倒リタイア。会場にどよめきが起こる。選択コースではトップ竹田選手がアウト、2位永田選手がインを選択。さっきのお返しとばかり永田選手がトップを奪還。そして3位には小原選手が上がってきた。

R6

上位3選手が激しいバトル。稀に見るデッドヒートに会場は大盛り上がり。

R7

最終ブイへはトップに立った竹田選手を含む3選手が乱入。一瞬の隙を突いてなんとここで小原選手が一気にトップに立つ。直後2位に下がった永田選手が接触転倒。これまで最高のレースをしてきただけに悔やんでも悔やみきれない。会場のファンからも悲鳴と溜め息。

R8

トップを走る小原選手が後続を引き離す。2位には竹田選手。3位にはいつの間にかゼッケン13番山崎友裕選手(超!PonkanRacing四国89番所)が。4番手は岡野選手、5番手には國分選手が上がってきた。宮本選手は6位に後退。

R9

上位2選手は変わらず。3位に國分選手が上がってきたが2位に届くのか。

R10

トップは小原選手でやや余裕の走り。2位争いがし烈。バックストレートで3位國分選手が2位竹田選手を猛追。選択コースで2位竹田選手はアウト、3位國分選手はインを選択。合流では國分選手が2位竹田を捕らえたかに見えたが痛恨のミスブイ。イレーサーブイを回る國分選手を竹田選手が抜き返して竹田選手が2位フィニッシュ。3位は後半怒涛の追い上げを見せた國分選手。開幕戦から見どころ満載のこのクラスは今後どうなるんだ。

 

小原選手、優勝おめでとうございました。

2015JJSBA-R1_HEAT60