【特集】レースダイジェスト ヒート59 JJSBA A X-2 (R10)

決勝ライダー

    • 竹野下 正治 1 竹野下正治
      マリンメカニック
    • 藤井 亮平 2 藤井亮平
      RACING MOTOINE
    • 伊藤 幸昌 3 伊藤幸昌
      UNLIMITED RACING
    • 増子 隆義 4 増子隆義
      sea Z racing
    • 束村 智史 5 束村智史
      RACING MOTOINE
    • 芳賀 毅 6 芳賀 毅
      TEAM HOT WAVE
    • 熊谷 邦男 9 熊谷邦男
      RACING MOTOINE
    • 大畑 雄一 11 大畑雄一
      TEAM HOT WAVE
    • 伊加匡治 13 伊加匡治
      Sea Z Racing
    • 村松 一志 14 村松一志
      TEAM HOT WAVE
    • No-Image 26 斎藤正剛
      RACING TEAM EAST JAPAN
    • No-Image 44 山路達也
      TACCO RACING
    • 橋本 祐一 50 橋本祐一
      JSP港北
    • 丸山 健一 69 丸山健一
      レーシングクラブ淀川(RCY)

JJSBAでもっともアツいクラスがこのA X-2なのかも知れない。

優勝を目指すならこの男を倒すしかない。ゼッケン1番絶対王者キング竹野下正治選手(マリンメカニック)。昨シーズンは最後の最後に勝利の女神に振られて涙を呑んだ昨年総合2位、ゼッケン2番藤井亮平選手(RACING TEAM EAST JAPAN)。本籍はこのA X-2という昨年3位ゼッケン50番橋本祐一選手(JSP港北レーシング)。そしてラジコンではキングに勝てるのか?心が折れ気味の昨年4位ゼッケン4番増子隆義選手(sea Z racing)。今年もこの4強を軸にシーズンが動くのか。

R1

フライングで仕切り直しのスタート2回目。絶妙のスタートで大混戦のファーストミッションを制したのはインコーススタートゼッケン6番芳賀毅選手(TEAM HOT WAVE)。この初戦にしっかりと仕上げてきた。続いてインコーストップのキング竹野下選手、さらにゼッケン5番束村智史選手(RACING MOTOINE)が3番手。なんとキングを抑えた芳賀はA級ライダー最年長との噂。

R2

選択コースでトップの芳賀選手はアウト、2位の竹野下選手、3位の束村選手はインをチョイス。合流から最終ブイに目がけて竹野下選手がインラインを確保。内側から芳賀選手を抜き去り早くもトップに立つ。2周目は竹野下、芳賀、束村の順番。

R4

トップを快走する竹野下選手。独走態勢をつくる中で、4位を走る増子選手が束村選手を捕らえて3位に浮上。

R5

さらに増子選手が2位の芳賀選手を捕らえて2位に浮上。

R6

後方ではし烈な4位争い。5位の橋本選手が束村選手を捕らえて4位に浮上。

R8

トップ2が順調に周回を重ねる中、4位の橋本選手が3位の芳賀選手を猛追。

R9

ついに橋本選手が芳賀選手を捕らえ3位が入れ替わり。上位は竹野下、増子、橋本の順番。

R10

なんという強さだ、竹野下選手。最後はゆっくり流して余裕のゴール。2位には猛烈に追い上げてきた増子選手。そして同じく猛烈な追い上げで3位まできた橋本選手がゴール。

 

竹野下選手、優勝おめでとうございました。

2015JJSBA-R1_HEAT59