~大切な船を守るため~ 船の台風対策を万全に!

2019年08月06日 (火) 13:30
カテゴリー

夏から秋にかけて多く発生し、毎年必ずやってくる台風。 海水温の上昇などにより、勢力の強い台風の数が増えています。さらに、台風の通過経路の変化もあり、台風による被害も日本各地で起こるようになりました。

船の所有者にとって台風の被害は大きな問題です。護岸や隣接船への衝突による損傷、ひどいときは浸水や沈没護岸への乗り上げなど、 少しの対策を怠ったが為に、修理費も多額になります。大切な船を守るためにも、必ず台風対策を行ってください。

台風時によく起きる事故

台風に伴う海難の約8割は係留中に発生しています。台風接近時はいつも通りの係留では不十分です! 必要に応じて、「係留索の増強」「シートで覆う」「重量物の取り外し」「陸揚げ」などの対策も行いましょう!
増しもやい

係船ロープの対策など、具体的な台風対策がイラストや画像を交えて、下記サイトに分かりやすく紹介されています。是非、ご活用ください。

台風は事前に備えができる災害です。台風が接近してからでは間に合わない対策もあります。 今から出来る準備はしっかり整え、大切な船を守りましょう。

情報元:NPO法人 兵庫県の水域の秩序ある利用を進める会

(編集部:小田)


ボーターズの読者になる