“航行禁止区域エリア”のご確認を!『横浜開港祭』 6/1~2 開催

2019年05月30日 (木) 13:00
カテゴリー

いよいよ今週末、「第38回横浜開港祭」が開催されます! 6月2日(日)には、開港160周年を盛大にお祝いすべく、演出花火が行われます。 それに伴い、船舶により演出花火の見物を予定されている皆様へ“航行禁止区域”のお知らせです。

航行禁止区域エリアマップ

第38回横浜開港祭オフィシャルサイトより、『航行禁止区域エリアマップ』が公開されました。 マップには“立ち入り禁止区域”だけでなく、“危険区域”の表示もあります。 船舶により演出花火の見物を予定されている方は『航行禁止区域エリアマップ』のご確認を今一度お願い致します。
横浜港内では過去(平成12年以降)、「東水提」「北水提」など合わせて11件の事故が発生しています。いずれも「見張り不十分」が原因です。
水路の事前調査十分な見張り安全な速力での航行をお願い致します。 操縦者はくれぐれも慎重な操舵を心がけるようにしましょう。

「第38回横浜開港祭」では、演出花火だけでなく、二日間にわたり様々なイベントが催しされます。 アクアボード・フライングショーやスーパーキッズ体験操船会、SUP体験などマリンイベントだけでも盛りだくさんです。
ご興味のある方は下記ボタンより、是非チェックしてみてください。

港に感謝し、市民と共に横浜の開港記念日である6月2日を祝い、まちづくりと観光の活性化を図るために開催された「横浜開港祭」。 一人一人がルールを守り、何事もなくお互いが気持ちよく楽しめるといいですね。

情報元:第38回横浜開港祭オフィシャルサイト

(編集部:小田)


ボーターズの読者になる