ヤンマー 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo」を開発!

2019年05月08日 (水) 14:30
カテゴリー

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、マリンプレジャー分野におけるワクワクできる新たな体験の創出に向けた取り組みのひとつとして、 “誰でも、自由に、ワクワクできる”をコンセプトとした新しいマリンアクティビティ「Wheeebo」を開発しました。

「Wheeebo」とは、重心移動によりセンサーが傾きを検知し、360度自由に水上を動き回ることができるマリンアクティビティです。 シンプルで直感的な操作性のため、小学校高学年から、若者・シニアまで幅広いユーザーがWheeeboを使った新たなワクワクを体験できます。 同社では今後、マーケティングを含めたテスト運用を進め、2020年からのハイシーズンに向けた本格的なサービス展開を目指す予定。

「Wheeebo」特徴

“水上版セグウェイ”という感じでしょうか。Wheeeboの速度は人が歩く程度。搭乗者は手に持ったハンディー型リモコンで2段階の速度調整ができるようです。 水面でバランスをとるのが大変そうですが、乗りこなせれば体幹が鍛えられそうですね。 お子様からシニアまで幅広いユーザーに、マリンスポーツの新しい楽しみが増えるのは嬉しいですね。

情報元:ヤンマー株式会社

(編集部:小田)


ボーターズの読者になる