ヤマハ船外機『F425A』 米国イノベーションアワード受賞!!

2018年10月10日 (水) 07:00
「F425A」イノベーションアワード

ヤマハ発動機株式会社のラインアップの中で最大馬力となる425馬力の4ストローク船外機 「F425A」 が、米国フロリダ州タンパで開催された国際マリントレードショー 「IBEX2018」 において、米国舟艇工業会(NMMA)のイノベーションアワードを受賞しました。

「F425A」 は、V型8気筒、排気量5,559cm3、最高出力425馬力の新開発のエンジンを採用した船外機です。 燃料を高圧、かつ高精度に各燃焼室に直接噴霧する「ダイレクトフューエルインジェクション」や、ケーブルや油圧装置を廃した「内蔵型電動ステアリングシステム」を4ストローク船外機として初めて採用しました。
このたびの受賞は、 「F425A」 の上記の革新的な技術の導入がマリン先進国アメリカで高く評価されたものです。 「F425A」 の主要諸元は以下のリンクからご覧いただけます。

同賞の受賞は、昨年の船外機「F25G」の受賞に続き6度目となります。 「F425A」 は今年8月より北米で発売されており、その他の国では順次発売予定です。日本での発売が待ち遠しいですね!

情報元:ヤマハ発動機株式会社

(編集部:長江)


ボーターズの読者になる