春のマダイ釣りのカギ「アキュフィッシュ機能」とは?【Furuno Style】

2018年05月01日 (火) 07:00

Furuno Styleは、魚探を使ったボート釣りの楽しみ方を教えてくれます。

さて今回のターゲットは「マダイ」です。魚探画面を見ながら船速2ノットほどでボートを進め、マダイらしき魚の反応が現れたところが下の画像です。(画面は左側からGPSプロッタ、魚探の低周波(50キロヘルツ)、高周波(200キロヘルツ)、そして右端がAスコープ)

海底地形に変化が少なく分かりづらい海域ですが、アキュフィッシュ機能による単体魚のサイズ表示(「53」「60」など)があったおかげで、釣果に結び付けることができたそうです。

アキュフィッシュ機能というのは、単体魚の大きさを数値やイラストで魚探画面に表示させてくれるとっても便利な機能なんです。送受波器へ返ってきたエコーから、それが単体魚(一匹)か、魚群(複数匹)なのかも判別してくれるんですよ。

春のマダイ釣りのより詳しい内容はこちらからどうぞ。

釣って楽しい! 食べて美味しいマダイは、全国のボートアングラーの憧れの的!! この時期は大物に出会えるチャンスなので、マダイを求めて浅場に船を走らせてみてください。

情報元:FurunoStyle

(編集部:木村)


ボーターズの読者になる