究極のZERO SOREXゼロ・アヴァンザード誕生 ~超耐食性ZAM素材とは~

2018年03月02日 (金) 07:00

 

 

SOREXは、煌びやかなフレームと最新パーツを装備したPWCトレーラー“ZERO500ZAアヴァンザード”を発表しました。

同社が『究極のZERO』と表現するように、その新モデルはZEROシリーズ最高峰のスペックになっているようです。

もっとも注目すべきは、溶融亜鉛メッキの約4倍の耐食性がある日新製鋼のZAM鋼材をフレームに採用していること。

さらに、7層の特殊な塗装を施した美しいヴィジュアルのフレームは見るものすべてを魅了するほどです。

テールランプにはリミテッドモデルのアドバンストLEDコンビネーションランプLMを標準装備しており、このライトアクションにも心を奪われること間違いなし。

 

価格や発売時期はまだ未定ですが、3月にパシフィコ横浜で開催されるジャパンインターナショナルボートショーには出品されるようです。

会場に足を運ばれる際には、ぜひSOREXブースでこの究極のZERO 500ZA アヴァンザードをチェックしてくださいね。

情報元:SOREX(ソレックス)

(編集部:木村)


ボーターズの読者になる