【YAMAHA・3月1日(木)発売】300馬力 4ストローク船外機「FL300B」

2018年02月27日 (火) 07:00
カテゴリー

2018年3月1日(木)より、ヤマハ発動機株式会社は、カウンターローテーションに対応する300馬力の4ストローク船外機「FL300B」を発売すると発表しました。

FL300Bの主な特徴と主要諸元は以下の通りです。(ニュースリリースより抜粋)

名  称 発 売 日 メーカー希望小売価格 販売計画
FL300BETX 2018年3月1日 2,318,000円(消費税別) 30台
(年間/国内)
FL300BETX 2,318,000円(消費税別)
*プロペラはオプションです。

FL300B(F300B)の主な特徴

  • 軽量・コンパクト・ハイパワーを誇る高性能船外機
    • 排気量4,169cm3、V型6気筒、DOHC24バルブのパワーユニットを採用し、卓越したパワーとスピード性能、燃費性能を発揮。加えて、クラス最高レベルの軽量・コンパクト化を実現します。
    • 溶射技術を投入した「スリーブレスシリンダー」を採用。軽量化と耐熱性、耐摩耗性、リサイクル性の面などで優れた特性を発揮します。
  • 利便性と優れた燃費性能・環境対応性
    • ECMにより、センサーの異常をいち早く警告するばかりでなく、オーバーヒートなどの異常時には、エンジン回転数を引き下げ、運転を継続するセーフシステムを装備しています。
    • 「バンク内排気システム」と「ロングインテークマニホールド」の採用により、排気干渉を抑え出力を向上させたほか、「可変カムシャフトタイミング(VCT)」により低中速域のトルク性能が大幅に向上しています。
    • デジタルネットワークシステム「コマンドリンクシステム」に対応。また、好みのアイドリング回転数を設定できる「可変トローリングシステム」を搭載しています。
    • 精密に計量した燃料を最適なタイミングで燃焼室に供給する「マルチポイントフュエルインジェクション」を採用し、優れた燃費性能とクリーンな排気を実現します。
    • ボートに2基のエンジンを搭載する場合、標準の右回転モデル「F300B」と合わせて、カウンターローテーションの左回転モデル「FL300B」を搭載することにより、操船負荷が軽減し、安定した走行性能、加速性能が得られます。
仕様 FL300BETX FL300BETU
エンジン形式 4ストロークV型6気筒 DOHC
総排気量 4,1693
ボア × ストローク 96×96mm
最大出力 220.6kW (300ps) / 5,500rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射
舵角 左右32°
始動方式 電動スタータ
ステアリング方式 リモートコントロール
推奨燃料 無鉛プレミアムガソリン
乾燥質量* 260kg 268kg
トランサム高さ 643mm 770mm
プロペラ回転方向
*ステンレスプロペラ付きの質量です。

詳しい内容についてはこちらもどうぞ。

情報元:ヤマハ発動機株式会社

(編集部:木村)


ボーターズの読者になる