MJCが選ぶ2017年マリン10大ニュース!

2017年12月29日 (金) 07:00
カテゴリー

 様々な活動を通してマリンレジャーの健全な発展と安全普及をめざすMJC(マリンジャーナリスト会議)が今年のマリン10大ニュースを発表しました!この手のニュースが来ると年末だなって思いますね。

 それではランキングの発表です。ランキングは下記のようになりましたよ。

【1位】 救命胴衣の着用を義務化
【2位】 白石康次郎、〈スピリット オブ ユーコー〉で国内でのセーリング活動を実施
【3位】 アメリカズカップ挑戦艇決定戦、日本は準決勝で敗退
【4位】 日本で初のセーリングワールドカップ開催
【5位】 黒潮が東海沖で大きく離岸
【6位】 76歳でヨット世界一周達成
【7位】 台風21号上陸で、江の島に被害
【8位】 レーザーラジアル級女子世界選手権で土居愛実が日本人初の3位入賞
【9位】 ミニボート&カヌー及びSUPの安全対策に係る意見交換会
【10位】 「せとうちに浮かぶ小さな宿」就航
【10位】 プリンセスソフィア杯で男子470級の磯崎哲也/高柳 彬が優勝

 2017年に起こった海洋関連ニュース84項目の中から1位に選ばれたのは『救命胴衣の着用を義務化』。今年開催された様々なイベントでライジャケ義務化の周知活動がされていましたよね。実施されるのは来年2月1日(木)から。もう間もなくですよ!

情報元:MJC マリンジャーナリスト会議

(編集部:新海)


ボーターズの読者になる