【ヤマハ】フィッシングボート「DFR-33」新発売!より本格的なボートフィッシングを

2017年09月14日 (木) 07:00
カテゴリー

 ヤマハ発動機株式会社は、走行性能と釣り機能性、居住性に優れたディーゼルインボード仕様のフィッシングボート「DFR-33」を新開発し、2017年10月2日より発売します。

 「DFR-33」は外洋でのルアーフィッシングをはじめ、より本格的なボートフィッシングを楽しむために開発したボートです。深めのデッドライズ(船底勾配)に加え、最適な角度と形状を持つW.T.B.(ウェーブスラスターブレード)を採用し、スピード性と凌波性、乗り心地、さらに風流れ抑止性、安定性を高次元で実現。また、チャイン・船首舷側の形状の最適化を図り、走行時の水しぶきを抑えたほか、釣りやすさを追求したデッキスペースとレイアウト、釣り機能性を高める各種装備を有します。

 また、キャビンにはホールド性の高いドライバーズシートとナビシートを含め、4名前後がゆとりある距離感を持って座れるシートレイアウトを採用し、走行性、釣り機能性だけでなく、高い居住性と快適性を併せ持っています。

 エンジンにはパワーと信頼性、燃焼効率と環境性能に優れたコモンレール式のディーゼルエンジン「D6-435」(VOLVO PENTA)を採用しました。


「DFR-33」
名称 発売日 メーカー希望小売価格例 販売計画
DFR-33 2017年10月2日 23,231,400円(消費税抜き)
(本体22,450,000円+法定安全備品他価格781,400円)
※平水・限定沿海仕様
40隻
(年間/国内)
主な特長
  • 乗り心地、快適性、安定性を追及
  • 釣りやすさを追求
  • 遠征や長時間走行に対応する快適性
  • 釣りを充実させる各種装備
  • コモンレール式ディーゼルエンジンの採用
主要諸元
仕様 DFR-33
全長 9.97 m
全幅 3.20 m
全深さ 1.96 m
完成質量 4,357 kg
定員 12 名
搭載エンジン VOLVO D6-435
最大保証馬力 320 kW (435 ps)
使用燃料 軽油
燃料タンク容量 530 L
清水タンク容量 56 L
航行区域 平水・限定沿海、または沿海

情報元:ヤマハ発動機株式会社

(編集部:新海)


ボーターズの読者になる